[numpy] ndarray の属性

ndarray の属性

ndarray の次元数,形状,型などは属性で取得できる.

ndarray の形状 (shape)

ndarray の形状は shape 属性で取得できる.
タプルで (軸1の要素数, 軸2の要素数, …, 軸nの要素数) となっている.

>>> x = np.array([[1, 2, 3],
                  [4, 5, 6]])
>>> x.shape
(2, 3)
>>> x.shape[1] #軸1の要素数は?
3

ndarray の型 (dtype)

ndarray の型は dtype 属性で取得できる.

>>> x = np.array([[1, 2, 3],
                  [4, 5, 6]])
>>> x.dtype
dtype('int32')

ndarray の次元数 (ndim)

ndarray の次元数は ndim 属性で取得できる.

>>> x = np.array([[1, 2, 3],
                  [4, 5, 6]])
>>> x.ndim
2

ndarray の要素数 (size)

ndarray の要素数は size 属性で取得できる.

>>> x = np.array([[1, 2, 3],
                  [4, 5, 6]])
>>> x.size
6

ndarray のメモリ配置に関する情報 (itemsize, strides, nbytes)


ndarray の要素1つのバイト数は itemsize 属性で取得できる.
今回,配列の型は int32 なので,メモリ上で1つの要素は4バイトで表現される.

>>> x = np.array([[1, 2, 3],
                  [4, 5, 6]])
>>> x.dtype
dtype('int32')
>>> x.itemsize
4  # (byte)

ndarray の配列全体のバイト数は bytes 属性で取得できる.

>>> x.nbytes
24  # (byte)

ndarray で各軸を移動するために必要なバイト数は strides 属性で取得できる.

>>> x.strides
(12, 4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。